引越しの前日にしなければいけないこととして忘れる

引越しの前日にしなければいけないこととして忘れるとまずいのは、冷蔵庫から水を抜くことです。
水抜きの方法を知らない人は最低でも冷蔵庫のコンセントを抜くべきです。
簡単なことですが、中には何も入れないでください。それをやらないと、その日になって冷蔵庫が運べないことになるかもしれません。
あらかじめ引越し業者の指示があると思いますが、引越しする前日には、移動させる冷蔵庫の電源は抜いておいたほうがベターです。
理由はというと、冷凍庫についた霜を溶かし、溜まった水を前もって取り除くことができるので、そのためなのです。こうしておくことで、移動しているときに、他の荷物などをぬらしてしまうのを防げるのです。引っ越しをするとき、コンロには注意を向けておく必要があります。
それは、他のものとは違い、元栓を締めておかないと動かせないからです。それに加え、ホースや器具に少しだけガスが残っていますので、タバコに火をつけないのは勿論の事、部屋の窓等をしっかりと開け、空気を入れ替えておくことが好ましいです。
引越しをする際は、電話に移転手続きも忘れないようにしましょう。
ただし、固定電話じゃなく、携帯電話に関して言えば、各携帯ショップに行って手続きするか、オンラインで済ますこともでき、すぐに終わらせることができます。近頃の人は、固定電話は持たない場合が多くみられます。引越し業者へ依頼を行うと、見積もりをいただけると思います。問題はないケースがほとんどですが、一応確認をすることが良いと思われます。その見積書にない内容にいたっては、追加料金をとられてしまう場合もありえることです。
わずかでも疑問があったときには、できることなら契約前に、聞いてみてください。
私たち家族は今春に引っ越しをしたのでした。
元の家を建て替えるために近くの一戸建てに引っ越しをしました。
荷物運びは友人に手伝ってもらい行ったので、引っ越し費用はまったくかかりませんでした。ただたった一つ苦労した点は、私がまだ幼かった頃から長年使っていたピアノがかなり重量があって重く、移動に苦労したことです。引越し終えると、必ずくるのが、新聞屋とNHKですよね?引越しを見てたんだろうとすばやい対応ですよね。
最近は、ネットが当たり前なので以前よりは断りやすいと思います。
情報はネットで見ることができますので、テレビを見なくても特に違和感はありません。
これによりNHKの受信料は払わなくて大丈夫です。どんな引越しの場合でも、ダンボールに荷物を梱包していく作業は面倒くさくても欠かせないことです。やっておいたほうがいいこととしては、重いもの、壊れやすいものは小さなダンボールに、かさばるもについては、大きめの箱に詰めるという基本的なことです。
また、荷物を入れた箱には品名だけでなく、運んでもらいたい部屋もあらかじめ書いておくと引越しのときに大いに役立ってくれます。引越しの当日にやることはポイントとして2つです。
ひとつめは、退去する部屋では荷物を運び出した後に管理会社の立会いのもとで部屋の状況を点検することです。ここで大きな汚れや傷を調査しますが、このチェックが敷金の相殺や別途クリ—ニング費用の徴収に影響します。
新居ではガスの元栓を開けることが不可欠です。これは業者の立ち合いが必ずいります。自分が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物に入れて荷造りするかどうか迷いました。
自分たちには車があったので、主人が細かい荷物や大切なものと、一緒にパソコンものせて新宿に運ぶことにしました。
PCは目いっぱい梱包しても、もしも、誰かが起動させたら、個人情報が盛りだくさんなので、とても気が気じゃなかったからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です