家を買ったので、引っ越しました

家を買ったので、引っ越しました。東京都から埼玉県へ転移します。メンテナンス等でお世話になっているディーラーの方からナンバーの変更はどうするのかと質問されました。
運輸局で手続きをする必要があるみたいですが、実際には多くがやらないそうです。私も東京のナンバープレートのまましています。
引越しを業者さんに頼む場合ハンガーに吊り下げているコートなどの服をあらかじめ外して畳んだりしておくことは要りません。業者がハンガーが吊るせる大きめの段ボールを携えてきてくれて、それに投入したまま、トラックで運んでくれます。
シワも印されないので、いいですよね。部屋を引っ越すにあたって、それまで暮らしていた家が借家の場合は原状回復の義務というものが発生してきます。
原状回復義務の意味とは借りていた家の室内につけた傷や壊してしまったものを住む前の状態に戻す為の費用を支払う義務で、通常は敷金から差し引かれて、残った分の敷金が返ってくるといった形になります。国から支給されるお金で生活していますが、市が運営する賃貸から一般の賃貸へ住まいを移す事にしました。誕生日を多くむかえると、障害者にやさしい建物がいいです。
また、介護の手伝いにきてくれるサービス等が来てくれる住居に住みたいという願いもあります。
出来るだけ娘には、困らせたくありません。姉は居住しているアパートから実家である我が家に舞い戻ってくることになりました。移り住むため、私と母が、荷物を移動させる前日に移動のまとめの手伝いに行きました。10年も住んでいた部屋だからこそ、不用な物のがびっくりするような事になっていました。
不用品を売却していまうと、軽トラの荷台の約半分になり、あまり苦労せず引越が完了しました。私が転居したアパートはペット飼育禁止のアパートです。しかし、このところ、お隣から猫の鳴き声が聞こえてくるように変化しました。大家さんもそれを感じており、何度となく指示をしたようですが、「飼育していない」の言葉だけだそうです。
今回、引越しをする予定が固まったとき、住民票の移動は早めに、行おうと思っていました。
そのために、まず私が転出届の手続を行い、主人が引っ越しのその当日に、転入届を提出できるようにその日程を打ち合わせしておいて準備万端にして引越ししました。
住民票のほかにも引越しをするときには多くの手続きや処理が必要なので忘れないようにちゃんとリストにして「見える化」しておいて、計画的に行うことが大事ではないかと考えます。引越しというものだけに限らず、仕事をこなすことができる人は、段取りが巧みだと言われます。
引っ越し、する場合、どのような順番に積むかどれをどこに収納するか等、意外なことに頭を使う作業です。
そのため、引越し業者の鮮やかな段取りのよさにあらためて感心したといった方も多いのではないかと思います。
引っ越しを終えたあとは、市町村役場で引越関連の手続きをすすめていく必要があります。後、指定の警察署に行って、住所を書き換える必要もあります。
一般的には、住民票の写しを提出すると、つつがなく手続きをしてくれます。
手続きが行われた免許証の裏面には、変更後の住所が記載されています。
引っ越しの良し悪しは、流れをつかんでいるかどうかになります。
流れは、他の言い方では段取りとも言われています。
この段取りが上手くいかないと、大幅に時間を無駄にしてしまう場合もあります。ただ、このような事は、理屈ばかり通すよりも経験で学ぶ事なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です