私たち一家が埼玉県から東京に引越し

私たち一家が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物に加えて荷造りするか悩みました。
私は車があったので、主人が細かい荷物や必需品と同じくパソコンものせて新宿まで持っていきました。
PCは目いっぱい梱包しても、もしも、誰かが起動させたら、個人情報がいっぱいあるので、とても気が気じゃなかったからです。
私は以前に購入した集合住宅でWベッドを寝室で使っていました。
過去のいきさつで住居を手放し、広さが十分でない賃貸へ引越しすることになったのですが、ベッドが寝室に入らないことがわかりました。
残念ではありましたが知り合いに譲り、何事もなく引越しを終えましたが、購入した新しいベッドは次に棲家を移動する時に入らないと困るので、一人用ベッドにしました。
住み替えをする際、貨物自動車を停めたり、積荷を通路に置いたりするため、前もって隣の方に挨拶に行くのが当たり前のことです。
車の乗り降りや通行の支障になりますので、あらかじめ同意を得ておくと引越しが終わった後に問題が発生することも防げます。引越し会社に依頼した場合は、そうした事も行ってくれます。引越しだけに限らず、仕事をちゃんとこなせる人は、段取りを組むのがうまいと言われます。引越しをやる場合、どのような順番に積むかどれをどのあたりに、収納するか等、意外なことに頭を使う作業です。そのため、引越し業者の段取りのよさにあらためて感心したといった方もたくさんいると思います。引越しを行うとなると、荷物を詰めて大量にあるダンボールを邪魔にならないように移動させたり、業者さんと共に家具を運搬したりと大忙しです。
しばらくそういったことを続けていると、手のひらは家具の重みなどで真っ赤になります。業者さんの手はどうなのかと見てみると、しっかりと軍手をはめています。
業者さんに頼むにしても、自分用の軍手が必ず必要です。
引越しの荷造りの時に、意外にも悩むのがグラスの包み方です。ガラス製品を梱包するにはまず最初に足の部分から梱包材を巻くことが大切です。
梱包材とは絶対に専用のものを使う必要はありません。
身近にある新聞紙やタオル等で心配ありません。
その後、全体的にしっかり梱包すれば、グラスが割れる恐れなく運ぶことができます。引越しのその日にやることは2つあります。
まずは、出ていく部屋では荷物を搬送したのちに管理会社の立会いのもとで部屋の現状をチェックすることです。
ここでひどい汚れや傷の点検をしますが、この点検が敷金の相殺や別途クリーニング費用の請求に左右します。
新しい家ではガスの元栓を開けることが大切です。これは業者の立ち合いが必ずいります。
引っ越し業者に払う料金は、意外と割引になる場合が多いです。私の引っ越し料金もそうでした。
1人分の荷物しかないということで、小さなトラックを使った作業となり、それに応じて大きく値引きがされました。
しかも、荷物をまとめる作業も大部分を、自分でやったため、予想額よりもずっと安くおさえることができました。
引っ越しの時の手続きの中に、転出届の手続きがあります。
ただ、その申請が必要なのは現住所と新住所が違う市長村である場合です。
同一市町村の場合には、転居届を申請します・手続きをする目安は、引っ越しの2週間前とか引っ越し先がきまればすぐなど、市町村によって違いがありますので、前もって確認しておきましょう。転居で必要なものは荷物を入れる箱です。小物もちゃんと整理して段ボールに入れれば、引越しにかかる時間も大幅に短縮でき、スタッフも助かります。
段ボールは引越し屋が無料でくれることも多数ですので、見積もり時に確かめるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です